教育内容

サレジアン国際学園の教育

EDUCATION AT SALESIAN
 

教育目標

21世紀に活躍できる「世界市民」の育成

サレジアン国際学園で培う5つのチカラ

これからの時代に求められる力とは、与えられたタスクを他者よりも早く正確に処理する能力ではありません。課題を自ら発見し、最適解を構築し、課題解決する能力こそが必要になります。すべての生徒がその力を確実に養っていくために、本校では5つの教育重点項目を定めています。

PBL(Project Based Learning)

本校では全ての教科においてPBL型授業が導入されています。PBLは、一つの正解の無い課題に対しての最適解を構築する過程で、主体的な学びを促し、知識を定着させ、思考を深めることを可能にします。授業はSTEP1~5の流れで展開されます。この授業を通じて、教育重点項目にある5つのチカラを着実に育んでいきます。

5つの教育重点項目
STEP 1
トリガークエスチョン
TRIGGER QUESTION

たとえば「カーボンニュートラルに向けた原子力発電の是非」や「赤ちゃんポストに関する生命と人権の問題」等。正解の無い課題に直面し、内発的知的探究心を刺激されることから主体的な学びが始まります。

STEP 2
個人で最適解を構築
SEARCHING FOR ANSWERS

多くの資料の閲覧やタブレット検索を行うことで課題に関連する情報を収集し、個人としての意見と最適解を構築。理論の裏づけとなるエビデンスを能動的に獲得する学習を通じて知識定着率が高まります。

STEP 3
グループディスカッション
GROUP DISCUSSION

個々の生徒が導き出した最適解を持ち寄る、真剣勝負の話し合い。同級生の多様な価値観は、自らの視野を広げてくれることでしょう。友人の秀逸な理論展開に出会うことで、思考のスイッチが入ります。

STEP 4
グループの結論選択
GROUP DECISION

ディスカッションで議論を尽くした後は、グループとしての結論を選択します。ここではグループ内で最も合理的で説得力を持った生徒の意見を採択し、最終的なプレゼンテーションの準備を始めます。

STEP 5
プレゼンテーション
PRESENTATION

「持ち回り」などではなくつねに公正な視点からプレゼンターに選出される生徒は、グループの代表としてクラスへのプレゼンテーションを実施。論拠を明確にしながら、聴衆を惹きつける表現を学びます。

ASSESSMENT
ルーブリック評価
RUBRIC EVALUATION

PBL型の授業後も、検証やレポートの提出を実施。授業における生徒たちの成果は、知識の獲得量だけでなく、授業にどのように貢献し、何を発見し、どれだけ思考を深めることができたのかが評価されます。

英語・国際教育

本物の英語を、使いこなす人へ

「なぜ英語を学ぶのか?」を自ら考え、世界に向けた貢献意欲を培うプログラム。 豊富な英語の授業数で、インプット(読む・聞く)と アウトプット(話す・書く)の高度なスキルをバランス良く養っていきます。 外国人教師との充実したチームティーチングとPBL型授業を通じて、世界へ向けて 自分の意見を発信する基礎的な力を徹底的に磨いてください。

1
ケンブリッジ国際認定校
CAMBRIDGE INTERNATIONAL

本校は、ケンブリッジ国際認定校です。ケンブリッジ大学国際教育機構から教材やトレーニングなど幅広いサポートを受け、Cambridge Lower Secondary、IGCSE、および国際的なAdvanced(A-Level)プログラムを提供されることで、世界水準の高度な教育を実施しています。

2
校内英語研修
SCHOOL ENGLISH TRAINING

中1・2・3の各学年で実施される全員参加の研修で、多数の留学生を招きクラス・グループごとのプログラムを用意。バックグラウンドが異なる人とのコミュニケーションを楽しむ段階から、論理的に思考し、ディベートの基礎を学び実践するまで、生徒のレベルに応じた様々な活動を行います。

3
校内コンテスト、外部コンテストへむけた指導
ENGLISH CONTEST

エッセイライティングコンテスト、スピーチコンテスト、ブックライティングコンテスト、ディベート大会など、英語の習熟度を競う多彩なコンテストを校内で実施します。優秀者や優秀作品は、外部で開催されるコンテストへも積極的に参加。それを勝ち抜くための細やかな指導が行われます。

4
検定試験対策
SUPPORT FOR ENGLISH TEST CERTIFICATION

朝自習で生徒1人ひとりの目標に応じた演習を継続的に実施。校内で行う英検・GTECの結果分析によって個々の強みと弱点を明らかにし、その後の指導に役立てます。さらに個別に面接指導などを行い、スコアアップをサポートします(放課後を利用した外部機構による有料講座も設置)。

世界のサレジアン・シスターズ姉妹校との連携

グローバル社会においては、世界の様々な問題を自分ごととして捉え、その解決のため国籍・人種・文化を超えて人びとと協力しながら行動していく力が問われます。
イタリアを拠点とするサレジアン・シスターズは、世界の97カ国で教育活動を展開。
この広いネットワークを活用し、同世代の生徒たちが連携して多様な意見を出し合うことで、世界の問題解決のための具体的な取り組みに挑戦します。

理数・ICT教育

より良い未来を、創造するスキル

AIやロボットに代表される先進テクノロジーがいま、 社会やビジネスを目覚ましいスピードで進化させつつあります。 そこに生きる私たちは、日頃から科学的に思考し 高度な技術を活用していく力=数学・科学リテラシーを身につけなければなりません。 そんなスキルこそが、人類の理想の未来を切り拓くのです。

1
理科
SCIENCE PROGRAM

多様な実験を通して、疑問・仮説・検証・考察という問題解決のプロセスをたどる学びを体得し、生徒たちの論理的思考力を研ぎ澄ましていきます。3つの理科室の他、自由に使用できる新設ラボや広大な学園全体をフィールドとして、生徒の好奇心・探究心をかきたてる環境が用意されています。

2
数学
MATHEMATICS PROGRAM

本校の数学は、中学3年間で数学ⅠAの内容まで扱い、グループ活動を主体とする授業を通して、お互いに切磋琢磨しながら数学力を高めることができます。また、基礎の徹底をはかるためのツール「Qubena」や高度な内容を研究したい生徒のための「数学ゼミ」など、さまざまな生徒のニーズに応える環境を用意しています。

3
ICT教育
ICT PROGRAM

iPadで有用な情報を収集し、スライドや動画を使って他者に自分の意見を分かりやすく伝える力を養います。自らの学びを記録し、定期的に振り返ることで学習のPDCAサイクルをまわす。そうしたプログラムを通じて、1年次からICTを正しく効果的に活用するスキルを高めていきます。

4
ICT環境
ICT ENVIRONMENT

生徒1人に1台、キーボード付きのiPadを支給。Wi-Fi環境が整った教室には、電子黒板も備えられています。さらにコンピューター室では、40台のノートPCが利用できます。
[使用システム]GoogleWorkspace・ロイロノート・schoolTakt・Qubena・ジャパンナレッジschool など