新着情報 Salesian News

2022.05.14

高2 日本史B 特別授業

5月13日(金)の1・2時間目を利用し、高校2年生の日本史B選択者が、歴史研究家の河合敦さんから特別授業を受けました。

文理選択後、日本史Bの授業を受け始めて1ヶ月、『歴史を学ぶ意義』について、生徒はメモを取りながらしっかりと聞いていました。

「一次史料」や「二次史料」などの歴史学における基礎知識から、コレラとスペイン風邪の事例を用いた歴史を学ぶ意義、坂本龍馬の事例を用いたキャリアに関する話など、様々な時代の事例を聞く中で、生徒は多くのことを学んだようです。

授業後には、史学科に進みたいという進路相談や、オススメの歴史書など、生徒からの様々な質問にも丁寧に答えて下さりました。

なかには、教科書にサインを貰った生徒も。

今回は、専門家の授業を受ける貴重な経験となりました。小さな興味関心を大切にし、これからも主体的に考え、学ぶサレジアン生であって欲しいと思います。

ページトップへ